尿もれと膀胱炎って関係ある?過活動膀胱の場合は膀胱炎でひどくなるかも

MENU

女性に多い膀胱炎、排尿障害で尿もれなみに多い病気

 

女性に多い排尿障害といえば尿もれですが、実は膀胱炎もかなり多い病気です。

 

この病気の怖いところは、一度、治っても何度も再発を繰り返してしまうところです。

 

そのため、女性の中には自分がそういう体質なのだと思っている方も少なくありません。

 

しかし、実際には体質というよりも普段の生活習慣や病院で処方された薬を指示された期間中、しっかり飲みきらずに自己判断でやめてしまっているなどの原因があることもあります。

 

繰り返す場合は、医師に相談をするなどして原因を探したほうがいいと思います。

 

実際に私も、病院に行かないまでも

 

「やばい、ムズムズするかも。。。」

 

ってことがありますので、注意しています。


膀胱炎になると尿もれする?膀胱炎と尿もれの関係

 

膀胱炎は急にトイレが近くなったり、おしっこを出す時にちょっとした痛みがあったりして、気づくきっかけになることが多いと思います。

 

それに伴い、尿もれが起こる人もいるようなのですが、なぜ尿もれの症状がでるのかというと、膀胱が炎症を起こすことによって過敏状態になり、意思に反して勝手に膀胱が収縮してしまうようになることから引き起こされるのだそうです。

 

ただし、膀胱炎で必ずしも尿もれの症状がでるわけではありません。

 

また、膀胱炎が原因で過活動膀胱になるということもあまりないようです。

 

特に出産経験のある女性や加齢によって過活動膀胱になっていることも多いため、膀胱炎で尿もれが起きいるのか、別の原因で起こっているのか判断するのは難しいかもしれません。

 

過活動膀胱に似た症状で、間質性膀胱炎というものもありますので。。。

 

ですので、もしも、尿がもれること以外にも排尿痛や残尿感など他の自覚症状がある場合は、膀胱に炎症が起きている可能性を考えて、早めに病院へ行くことが大切です。

 

もちろん過活動膀胱も日常に支障をきたす症状ですので、この症状で悩んでいる場合も診察を受けた方がよいでしょう。

 


膀胱炎の対策と尿もれの対策は異なる

 

膀胱炎はきちんと医師の指示通りに薬を飲むことで完治しますが、繰り返さないためにも予防対策を行うことが重要です。

 

主に細菌感染が原因で起こる病気ですので、まずおまたのあたりを綺麗に保つことを心がけることが大切です。

 

トイレで大をした後、汚れがおまたにつかないようにするといいと聞いたことがあり、私も実践しています。

 

それ以外にも水分をしっかりとって利尿作用を促すこと、トイレを我慢しないことなども大切です。

 

 

ちなみに、ように雑菌があっても抵抗力があれば膀胱炎にもならずに済むそうです。

 

疲れている、風邪をひいている、ストレスがつらい、など体の抵抗力が弱くなっているときには注意した方がいいそうですよ。

 

抵抗力をあげるには体を冷やさない方がいいとか。

 

 

 

私の友だちは、膀胱炎になった時、とにかく体を温め、ホッカイロを貼りまくり、なるべく休むようにして病院へ行かずに自力で治したみたいです。

 

その時は、

 

 

 

「人間ってすげー!!」

 

 

 

って思いました。

 

でも、友達はちょっと変わりものですので、マネしない方がいいです。

 

膀胱炎だと思ったら病院へ行きましょう♪

 

 

 

 

一方、尿もれは様々な原因があって引き起こされるものですので、対策もその原因に合わせて行う必要があります。

 

もちろん膀胱炎から引き起こされているのであれば、まずその治療を受けることが重要です。

 

加齢や生活習慣によって骨盤底筋が緩んでいることから引き起こされているのであれば、その部分の筋力を鍛えるトレーニングが必要です。


生活習慣の見直しで膀胱炎も尿もれも改善

 

膀胱炎も尿もれも根本的な要因は生活習慣ということが多いです。

 

免疫力が下がってしまうことで膀胱炎の原因となる細菌感染が引き起こされますし、運動不足で筋力が衰えることで尿もれが引き起こされます。

 

このようなことから考えれば、しっかり体の調子を整えることが膀胱炎や尿もれを改善する秘訣といえるでしょう。

 

ストレスをためないように気を付け、早寝早起きの習慣で規則正しい生活を取戻し、体を内側から温める食生活を送るようにすることで症状の改善や予防につながるのです。


尿もれサプリも結構いいですよ。管理人が実際に使ったおすすめを紹介中♪

関連ページ

女性の尿もれにもタイプがある?!原因もいろいろ
尿もれを改善するには、まず自分の尿もれのタイプを知ることから始めましょう。女性の尿もれのタイプは大きく分けて2つです。そして、その原因を知り正しい改善法を見つけてくださいね。
あなたの尿もれ、原因はストレスかも!?ヨガやピラティスで気分転換も。
尿もれの原因の一つに、ストレスがあるのをご存知ですか?ストレスはどんな病気にも大敵ですが、女性の尿もれにも大きく関係しているのです。普段の生活でたまったストレスをヨガやピラティスで開放すると尿もれも治って一石二鳥です。
尿もれの原因がストレスだったなんて!自律神経失調症にも気を付けて
尿もれとストレスが関係あるのをご存知ですか?これまでいろいろと尿もれ対策をしてきたのに、全然効果がないなんて時には、ストレスや心の問題を疑ってみてください。ストレスがたまると、自律神経が乱れて、尿もれを起こすことがあるのです。尿もれが気になりさらにストレスがかかるということもありますので、対策してみましょう。
切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁の違いと治す方法
尿もれには切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁というものがあります。ここでは、それらの違いと対策の違いをまとめました。また、治療に薬が有効な切迫性尿失禁と、エクササイズが有効な腹圧性尿失禁の対策の違いをまとめました。
尿もれが止まらない!!うつ病やストレスで膀胱が暴走?切迫性尿失禁の原因
子供じゃないのにトイレが我慢できない?トイレ目前にして出ちゃう?これって、大人の女性ならすごくショックなことですよね。でも、これってストレスやうつ病などに関係していることもあって仕方のないことなんです。その原因を知って、改善を目指してみては?
尿もれが女性に多いのはなぜ?その理由と対策について
尿もれは女性でも男性でもなることがありますが、女性の方が多い、と言われています。それは体の構造?子どもを産むから?なぜ女性の方が尿もれしやすいのでしょうか?今回はその理由と対策についてまとめました。
尿もれ改善率が6割に?尿もれ対策を今始めた方が良い理由
咳やくしゃみで出る尿もれ。初期のちょろっとモレならエクササイズで比較的簡単に改善できますが、症状が進むと改善する率は6割にも落ちるそうです。量が少ないから、いつもじゃないからとほおっておくと治らなくなってしまうかもしれません。尿もれ対策は今始めて下さい!!
どうしよう、無意識に尿もれしてしていた。。。若い女性の尿もれ原因
若い女性の中には尿もれという病気を知らずに毎日を過ごしている方も多いようですが、知らないがゆえに無意識で尿もれしていて気づきたときに驚くということもあるようです。今回は、そんな無意識でも尿もれしてしまう理由をまとめてみました。
生理前になぜ尿もれするの?その原因と対策
生理前になると尿もれする。。。という方は私だけじゃないんじゃないでしょうか?生理の後は咳をしても尿もれしないのに、生理前になるとちょっと思いものを持っただけで出てしまう。。。それにはこんな理由があるんですよ。
尿もれと間違えやすい女性の病気。実はガンや子宮筋腫かも!?
尿もれは通常、腹圧性尿失禁または切迫性尿失禁に分けられます。でも、ほんの少しの確率でがんや子宮筋腫の可能性もあるんです!今回は、尿もれと間違えやすい病気についてまとめてみました。こういった場合はすぐに病院へ行って調べてみてくださいね。
痩せたら尿漏れが治った?女性の肥満と尿漏れの関係
ダイエットしたら尿もれが治ったという話を聞いたことがありますか?実は女性の尿漏れと肥満には関係があると言われています。今回は、太ると尿漏れする原因をまとめましたので、参考にしてください。やはり適度な運動、健康的な食生活はトイレの悩みも解消することになるんですね。
女性の尿もれ 縄跳びをしたときにやばい!筋肉を鍛えて尿もれ改善
女性の方で年齢を重ねた方や出産を経験した方はふとした時に尿もれしてしまうことがあります。たとえば、縄跳び。子どもと一緒に縄跳びしよう、練習しようと思ったら「あ!」。もうそれ以上跳べず。。。走った時やトランポリンなどでも出ちゃう人も。ここでは原因と対策をまとめましたので参考にしてくださいね。
女性の尿もれをそのままにするとどうなる?結構怖い、放置後のうつや臓器悦
尿もれって女性にはかなりの確率で起こっている病気です。それに、痛いわけでもなく、命に係わるわけでもなく、ただ自分が不自由になるだけなので、病院へ行ったり、エクササイズをしたり、サプリを飲んだりあんまりしていない方も多いのでは?でも、そのまま放置しておくととんでもないことになる可能性も!やっぱり甘く見ずに、きちんと治しておきたい病気です。
くしゃみで漏れるのは内転筋が弱いから?女性の尿もれと筋肉の衰え
くしゃみや咳をすると「あ!」と思う女性も多いのではないでしょうか?私もそうですが、かなり多くの女性が人には言えずふとした時の尿もれに悩んでいるんだそうですよ。しかも、出産もまだ、20代など、若くて出産経験のない人にも起こっているらしいです。今回は、尿もれに関係する筋肉、特に内転筋という筋肉と漏れの関係をまとめましたので参考にしてくださいね。
女性の尿もれ 寝ているときの尿もれが心配 対策は?
尿もれに悩む女性は多いですが、寝ている間にもちょっと漏れてしまって困る方もいます。今回は、尿もれ対策をまとめました。骨盤底筋を鍛える運動やエクササイズ、サプリや漢方薬などを使って改善していきましょう。
尿もれは背筋が悪い人もなりやすい!?女性の意外な尿もれ原因
女性の尿もれの原因には筋肉の衰えがあります。でも、この筋肉、加齢や出産だけが原因ではなかったみたいなんです!実は、姿勢が悪く、背筋が曲がっていると尿もれになりやすいのだそうです。私は、これは知らなかったのでびっくり。骨盤底筋体操に加えて、姿勢をよくするために筋トレが必要かもしれません。
尿漏れを針治療・お灸で治すことができる?
尿もれを改善するには、まず原因を知ることが大切です。自分がどのタイプか知ることで、いち早く改善することができますよ。また、尿もれの治し方についてもまとめています。
尿もれする女性が自分でできる対策をまとめました
尿もれを改善するには、まず原因を知ることが大切です。自分がどのタイプか知ることで、いち早く改善することができますよ。また、尿もれの治し方についてもまとめています。
尿もれを椅子に座わるだけで治療、磁気刺激装置に注目!
女性尿もれを改善するのに欠かせないと言われている骨盤底筋体操。緩んだ筋肉を鍛えて尿もれを改善します。ところが、この体操、結構難しくてやっているのに効果がなかったり、高齢で体操をうまくできないなんてこともあるようです。そんな方の為に、磁気の出る椅子に座るだけで効率的に骨盤底筋を鍛えられる治療があります。今回は、そんな超魅力的な椅子を紹介!
これって尿もれ?風呂上がりに何かが漏れるのは一体何?
お風呂から上がって体を拭いていると、何かがじわーと垂れてくる・・・そんな経験のある女性が結構いるようです。せっかくお風呂できれいにしたのに、これは尿漏れ?それともお湯?でも一体なんで出てくるの?ちょっと不安になります。今回はそんな、お風呂上がりの尿漏れについてまとめました。
尿もれの原因がストレスや自律神経失調症ってこともある、原因不明なら疑おう
尿もれの原因がストレスや
尿もれする女性はもしかして栄養ドリンクを飲んでいる?
忙しい女性はここ一番の時に栄養ドリンク(エナジードリンク)を飲んでいる方もいると思います。ただ尿もれの症状がある女性の場合、この飲み物が原因を作っている可能性があります。この記事では、栄養ドリンクがなぜ尿もれを起こすのか、また他にも気を付けた方がよい飲み物や食べ物を紹介しています。
朝方に少しだけ尿もれしている、これっておねしょ?病気?
朝、少し下着が濡れていると、え?もしかしてお漏らし?と心配になるかもしれません。でも、少量だったら尿漏れで下着が濡れている可能性があります。今回は、起きると下着が少し濡れている時にはどういったことが考えられるか調べてみましたので参考にしてください。
尿もれがひどくて歩くだけで漏れてしまう、そんな女性にできる対策とは?
歩くだけで尿もれしてしまう。。。ここまでひどくなると日々の生活も大変になってきてしまいます。女性の場合、出産や加齢で骨盤底筋という筋肉が弱り漏れやすくなっています。それがひどくなると漏れる頻度や量も多くなり困った状態になります。そんな時には、自分でできる対策をしてみることも大切ですが、病院で手術を受けるという選択肢もあります。
尿もれは冬場にひどくなりやすい。女性のための対策は?
秋や冬になると尿もれがひどくなるという女性がいます。体が冷えるとトイレのトラブルが増えてくるのは自然なことですが、対策をしてつらい冬を乗り越えましょう。まずは体を冷やさないことが大切です。また尿もれを根本から改善し漏らさない体づくりをしていきましょう。
尿もれは運動で完治可能?骨盤底筋体操やボールを使った運動など
尿もれの治療には薬や体操がありますが、完治を目指すなら骨盤底筋体操は欠かせません。なぜなら、骨盤底筋の衰えが尿もれの原因になることが多いからです。薬で治っても、飲むのをやめたとたんにまた尿もれという人も多いのです。薬が効いていたとしてもスッキリした毎日を送るためにはきちんとエクササイズを続けていきたいですね。
尿もれする女性のための病院の探し方、女性の泌尿器科名医も紹介
尿もれは軽いうちは自分で対策して改善することもできますが、ひどくなると病院で治療が必要になってきます。あまりに尿漏れがひどいときには病院を探して行ってみてください。でも、女性の尿もれは何科にかかればいいのかわからないという人もいるかもしれません。というわけで、今回は、女性の尿もれの病院の探し方やネットで調べた名医(と言われる先生)を紹介します。